>

占いの結果を読み解くために

積極的に挑戦して経験する

感性を磨くことで、占いの結果が抽象的でも何を意味しているのか理解できます。
そして正しい結果を伝え、お客さんを救えるでしょう。
日頃から感性を磨く努力をすることも、占い師になるためには欠かせません。
具体的には、芸術や自然に触れることが大事です。
そして物事を外見だけでなく、内面まで見て理解することを意識してください。

さらに占い師には、人生経験も重要です。
豊富な経験があれば、お客さんの悩みに対してアドバイスできるようになります。
ですから、いろんなことに挑戦してください。
成功しても失敗しても、自分の経験になります。
仕事だけでなく趣味や恋愛などでも、積極的に行動しましょう。
ずっと受け身の姿勢では、学べることが少ないです。

自分の特技をアピール

実際の占い師になったら、お客さんに存在を気づいてもらえるようにアピールしてください。
最初は、占いのお店で働くと良いですね。
するとお客さんに気づいてもらいやすく、順調に経験を重ねられます。
最終的に独立するつもりでも、まずはお店に就職してください。
お客さんを増やすコツは、自分ができることを伝えることです。

例えば恋愛に関係する占いが得意で、タロットカード占いができるなど具体的にサイトに記載しましょう。
また、これまでに占ってきた件数を書くのも良い方法です。
件数が少ないと能力が低かったり、周囲から信頼されていない人だと思われたりしてしまいます。
自分にプラスのイメージを持ってもらえるように、工夫してアピールしましょう。


この記事をシェアする